※アイキララ※医学と薬学誌に載ってるって聞いたけど本当なの?

fuji

アイキララ医学と薬学誌に載ったことがあるそうです。

どんな内容なのがご紹介します。

アイキララの試験結果が掲載!

医学誌「医学と薬学」に掲載されたアイキララとはどのようなアイクリーム? どうしてなのか寝不足でもないというのに目の下がくすんでいる。 もしもあなたがこんなトラブルで悩んでいるのなら、その理由は皮膚が痩せることが原因で皮膚の色素が透けて映っているのかもしれないです。 このような皮膚痩せを対象に高い働きを持っているアイクリームがアイキララです。

アイキララは、

  • モンドセレクション2016年金賞受賞
  • 口コミ人気ランキング総合1位
  • 口コミ人気ランキングコスパで選ぶコスメ第1位

こうした素晴らしい実績を誇る商品となっているのです。 しかもリピート率は驚きの93.7%になっており、「医学と薬学」にまで掲載されています。

「 医学と薬学」は、医学総合月刊誌になっており、1979年に創刊した歴史のある専門誌です。

特集記事と投稿論文の掲載となっており、多岐に亘る医学や薬学の情報を掲載し、大学・病院など医療関係者に広く見られている医学誌として有名です。

アイキララを使用し、目の下の状態に関する6項目において使用前後(4週間)も比較し、その結果をまとめた論文が医学と薬学に掲載されました。

一口に言うと口コミで人気のあるアイクリームとというだけでなく、医学誌でもその効果が研究結果として認められた、裏付けのあるアイクリームということを意味します。

寝不足でもないというのに目の下が普段から黒ずんでいる。 お化粧ではそう簡単には隠しきれない。

年齢につれて悪化している。 こんなふうに思い悩んでいるのなら、黒ずんでくる原因それ自体にアプローチしてくれるアイキララが、明るい目元を取りもどしてくれる可能性があります。

年齢を重ねるとだれでも皮膚のコラーゲンが減り、維持されていた張りがなくなってしまうことで皮膚痩せがおこります。 目の下の皮膚は人の体で最も薄いと言われていて、その厚さは0.5ミリ程しかありません。

そのため、目の下の皮膚はとてもデリケートで、またその薄さのために目の下の色素が透けて見えてしまうのです。

アイキララには、MGAと名付けられているビタミンC誘導体が配合されています。 MGAは、年齢を重ねることで失われたハリを覚醒させます。さらにコラーゲンの持つ栄養素を肌内部にきちんと留める働きにより、健康的な肌を保つことができます。

 

関連記事

アイキララの口コミや効果的で正しい使い方などのレビュー